北海道オホーツク 3市14町1村

北海道の東にあたる「オホーツクエリア」は、世界遺産の知床をはじめとする大自然や、海と大地の豊かなグルメ、独自の文化で時を刻んだ歴史ある地域です。北海道で最大の湖「サロマ湖」や生産量日本一の「たまねぎ」、国指定史跡の「モヨロ貝塚」など、北海道を代表する見どころがいっぱい。“これぞ、北海道!”をカラダいっぱい五感で感じてください。どこまでも広がる大きな空の下、のどかな牧歌的風景を眺めながら大自然に身を委ねる、そんな贅沢な時を過ごしてみませんか?

雄武町観光協会 西興部村 おこっぺ町観光協会 滝上町観光協会 紋別観光協会 えんがる町観光協会 湧別町観光協会 佐呂間町 北見市観光協会 置戸町 訓子府町 津別町 美幌町 大空町 網走市観光協会 小清水町観光協会 きよさと観光協会 斜里町観光協会
市町村名をクリックで各市町村観光協会HPへリンク

NATURE

北海道オホーツクの大自然

『オホーツクエリア』は、北海道の総面積の12.8%を占めるほどの大きさ。世界に誇る宝、「知床(世界自然遺産)」をはじめ、3つの国立公園、2つの道立自然公園、1つの国定公園に囲まれた圧巻のスケール。遅い春を告げる「桜の名所」は、北見市上常呂の「金刀比羅桜公園」をはじめエリア内に多数。夏には辺り一面美しい色で咲き誇る「花の原野」、秋には真っ赤な「サンゴ草」、冬は海を真っ白に覆う「流氷」と、四季を通して様々な『色』に出逢う、まさに“THE北海道”が感じられるエリアです。

FOOD

北海道オホーツクの食

冬には流氷が接岸するオホーツク海を舞台とした海の幸は、かに・ホタテ・鮭など1年を通してとれたての旬の味が楽しめます。野菜は、日本一を誇る玉ねぎをはじめ豊かな自然の中、多くの品種を栽培。広大な大地で営まれる酪農は、濃厚な牛乳やヨーグルト・ソフトクリーム・チーズなど、生産者の愛情に溢れた美味しさが充実。その他、ご当地グルメのオホーツク北見塩焼きそば、流氷をイメージした鮮やかなブルーの網走ビールなどオホーツクならではのグルメが盛りだくさん。お腹を空かせてお越しください。

ページトップへ