OKHOTSK WONDER ROAD
常呂〜網走を駆け抜ける、ワンダーロード!

オホーツク「北見市常呂町~網走」
ゴールデンルート

MAPダウンロード

PDFサイズ(765KB)

難易度2

すべてのサイクリストに走破していただきたい、オホーツクの魅力を凝縮した、まさに“ゴールデンルート”。ひとつのルートでサロマ湖・能取湖・網走湖、3つの美しい湖畔をめぐる絶景が次々と現れる最高のロケーション。夏に咲くワッカ原生花園の花々、能取湖卯原内のサンゴ草群生地では秋に真っ赤な絨毯を敷き詰めたような幻想的風景が楽しめます。網走湖畔の陸橋では湖を一望できるパノラマビューも。市街地に入ると網走刑務所を通り、ゴールの道の駅へ入る全長43.1km、感動の瞬間が幾度となくおとずれるコースです。

COURSE DATA

  • ◆ 距離/43.1km
  • ◆ 最大標高差/30m
  • ◆ 獲得標高/87m
  • ◆ 想定所要時間/3.5〜4時間

キムアネップ岬
(佐呂間町)

サロマ湖の東南にまるでテラスのように伸びているキムアネップ岬は、サロマ湖の絶景のポイント。なかでもサロマ湖に沈む夕日は、日本屈指の夕日と言っても過言ではないほど評価を得ています。初夏から秋にかけて、次々と変化する色とりどりの草花は、大地を赤く染めるサンゴソウをはじめ、ハマナス・センダイハギ・ヒオウギアヤメなど約50種類が咲き乱れます。

ワッカ原生花園
(北見市常呂町)

国内最大規模の海岸草原(原生花園)で、海浜植物の一大群生地です。ワッカとはアイヌ語の「真水」を意味し、オホーツク海とサロマ湖をわける長い砂州が特徴で、2001年10月に北海道遺産に選定されました。季節の変化に合わせ、エゾスカシユリ・ハマナス・アッケシソウなど約300種類の草花が自生し、野鳥の繁殖地にもなっています。

サロマ湖鶴雅リゾート
(北見市常呂町)

湖と空をひとつに染める美しい夕陽を堪能できる“夕陽の名所”サロマ湖畔に佇み、雄大なオホーツクの自然と溶け合うリゾートホテル。フィールドスコープを覗けば、湖の浅瀬で羽を休める希少な野鳥をすぐそこに見ることができます。雄大なサロマ湖に抱かれて入る天然温泉「ワッカの湯」は、日帰りのお客様にもお楽しみいただけます。

サロマ湖鶴雅リゾート 〒093-0216 北海道北見市常呂町栄浦306番地1 TEL.0152-54-2000 FAX.0152-54-2105

船長の家
(北見市常呂町)

昔ながらの和室のお部屋が37室。オホーツク海の新鮮な魚介類をボリューム満点で楽しめる他、シーズン中は宿から徒歩2分の海の市で朝市を開催。また、宿「船長の家」の食堂が昼の間はレストランとして営業(11:00〜15:00)しており、常呂自慢のホタテ貝をふんだんに使った「ホタテづくし」や「ホタテ丼」などサロマの海の幸が人気です。

漁師丸 船長の家 〒093-0216 北海道 北見市 常呂町 栄浦 サロマ湖畔 TEL.0152-54-1111 FAX.0152-54-1155

卯原内交通公園
(網走市)

1987年に廃線となった旧国鉄湧網線の卯原内駅跡地を活用した公園。ホーム跡には「卯原内駅」の駅名標が展示されている他、SLの雄姿と国鉄の旧型客車が保存展示されています。SLの横をサイクリングロードが走っており、能取湖を望む公園からサンゴ草群落地までは歩いて約5分のロケーション。トイレも完備されており、休憩ポイントにはぴったりです。

卯原内交通公園 〒093-0135  北海道網走市卯原内

能取湖サンゴ草
(網走市)

秋になると徐々に紅色に染まり出し、9月上旬から中旬にかけて、サンゴ草は水辺一面に真っ赤な絨毯を敷いたように広がります。静かな湖面と澄みきった空のブルーに映え、北国の秋をひときわ美しく印象づけます。能取湖南岸の卯原内付近の大群落は日本で最も美しい景観を呈し、平成3年の第28回能取湖『サンゴ草祭り』に合わせて『日本一サンゴ草群落地』を全国に宣言しました。

網走刑務所
(網走市)

網走刑務所の受刑者たち(網走刑務所の牧畜班)が育てた黒毛和牛「網走監獄和牛」が人気です。北海道の自然あふれる環境のもと、仔牛から一環飼育・30ヶ月の長期飼育・牧草は自家製・無農薬など、大切に育てられています。「網走監獄和牛」は、網走刑務所敷地内にある売店でお買い求めいただけます。 ※人気商品につき品切れの際もございます。予めご了承ください。

エームサービス 網走刑務所売店 〒093-0088 北海道網走市三眺  TEL.0152-43-3174
営業時間/午前9時〜午後4時

網走ビール館
(網走市)

冬の網走を代表する流氷を仕込み水に使用した「オホーツクブルー」色の発泡酒「流氷DRAFT」をはじめ、世界遺産知床の新緑の季節をイメージした「知床DRAFT」や網走監獄をイメージしたスタウト「監極の黒」など、地域の産物・ロマンを生かした特徴の地ビールが人気。「YAKINIKU網走ビール館」では、網走ビールと網走和牛をお楽しみいただけます。

YAKINIKU網走ビール館 網走市南2条西4丁目1-2 TEL. 0152-41-0008
■月~木曜/17時~23時(ラストオーダー22時半)
■金曜/17時~24時(ラストオーダー23時半)
■土曜・祝前日/16時~24時(ラストオーダー23時半)
■日曜/16時~23時(ラストオーダー22時半)
ページトップへ